ハイブリッド
モーションキャプチャスタジオ
現在ハイブリッドが応用されている分野: 人間工学、映画芸術、テレビ、ゲーム、ロボット制御、軍事、バーチャル工業設計、人工装具と整形外科、神経系、商品設計と開発、医療ロボット、バーチャルリアリティ、人工知能、パターン識別、振動解析、アニメ、双方向型ゲーム、スポーツ訓練、人間工学研究、生物力学研究など。

上海青瞳科技有限公司 光学モーションキャプチャシステムの大手メーカー。バーチャルリアリティ、映画、テレビ、ゲーム産業向けに最高レベルの精度を誇るモーションキャプチャシステムを提供している。同時にスポーツ科学、ヒューマンマシンインタラクション、動作分析など即時に有効データ出力を必要とする人間工学、スポーツ研究分野でも多くのクライアントをサポートしています。

​大手研究開発企業としてフアウェイ、テンセント、リアイゾンなど多数の国際企業と長期に渡る協力と関係を確立してきました。製品は Play Valley、Sanya Trustなどのテーマパークに統合され、映画テレビ部門もSoviesと共にバンクーバーインターナショナルフィルムフェスティバルに参加し、張藝謀監督と協力しました。上海青瞳はスペースポジショニングカメラディベロップメント、モーションキャプチャなど独自の研究開発に力を入れています。

DragonFlyはCGでライブアクションのクリエイティブな自由を可能にする

VT LIVEはデジタルコンテンツクリエーターの現場演出統合ソリューションです

DragonFlyは高度最適化されたワークフローからのロケハンを可能にし効率的なバーチャル映画撮影ソリューションを提供します。

Vlogの為のライブCGコンテンツの制作を可能に。パイプラインが多様なモーションキャプチャ設備及びカメラ、ビデオファイル、画像、3Dプロップなどの異なるメディアからの入力をサポートします。

© Yameme lntegrated Marketing Co.,Ltd.